UIの整理で見やすく、通話中の画質調整も可能に

2019年6月24日

平素よりFaceHubをご利用いただきありがとうございます。
この度、以下の通りFaceHubの機能改善を行いましたのでお知らせいたします。

■概要

表示系では、機能ボタンの整理、待機画面の修正、不要なアイコンの削除を、機能系では、最新Safariブラウザ対応、通話中の画質調整、動作確認ページの設置などです。

■詳細

  1. 未契約機能のボタンを非表示化

    従前は画面共有、画面キャプチャなど契約していないのにボタンが表示されており、押しても使えない煩わしさがありました。今回のアップデートで契約していない機能のボタンは非表示になりました。

  2. 待機中の(左側の大画面)のロゴ削除とテキスト表示

    大きなFaceHubロゴが表示されていましたがそれを排し、通話待機中であることがわかるテキスト表示に変更しました。

    Img01

  3. 左上のハンバーガメニューアイコンの削除

  4. 最新のSafariブラウザの対応

    iPhone(iOS)、Mac(MacOS)とも、最新版のSafariブラウザでFaceHubを利用できるようにしました。

  5. 通話中の画質調整が可能に

    ブラウザのみの機能ですが、通信データを大幅に削減でき、よって通信の脆弱な場合も切れにくい状態に通話中に切り替えることが可能な仕様を追加しました。

    Img02

  6. 動作環境の確認ページを設置しました。

    FaceHub(ビデオ通話)ができる環境か事前に確認できるテストページを用意しました。
    URLはhttps://trial.face-peer.com/fhtest/です。

    Img03

FacePeerはこれからも、お客様からお寄せいただいたご意見・ご要望をもとに、新機能の追加や機能改善に努めてまいります。
今後ともFacePeerをよろしくお願いいたします。

FaceHubの導入、
デモ利用に関するご相談はこちらから