リアルタイムコミュニケーションで
企業の働き方を革新する業務効率化ツール

FACEHUBはビジネスで最も大切なコミュニケーションを、対面×オンラインで効率的かつ緊密なものにして、企業の持続的な成長を支援する、業務効率化ツールです。

FACEHUBにできること

働き方改革で残業がなくなり早く帰れるようになっても、売上が上がるわけではありません。コスト削減や生産性向上により収益拡大を達成し、持続的な成長を実現していくことが重要です。

  • コスト削減

    出張時などの交通費・宿泊費、新人の教育・研修費、会議や打合せ調整の時間、人件費など様々なコストを削減します。

  • 生産性向上

    ムダの排除や残業削減の一方、リモートワークで時間を有効活用し個々の生産性と能力を向上、発揮させる働き方を支援します。

  • 収益拡大

    販売数や受注数、資料請求や利用登録などの成約率(CVR)向上、アップセルのために必要な各要素を拡大します。

FACEHUBが選ばれる理由

とにかく「シンプルさ」「使いやすさ」「わかりやすさ」にこだわりました。従来サービスは多機能でボタンがたくさんあり、複雑になりがち。FACEHUBは必要な機能に絞り込み、ボタンも少なくマニュアル不要で誰でも簡単に使えることを目指しました。

  • インストール・アカウント不要

    ご利用のパソコンに特別なソフトをインストールしたり、新たにアカウントを取得する必要はありません。インストールやID・パスワードなどのアカウント登録は負担に感じるうえ、もしアカウントを忘れてしまえば管理コストもかかります。FACEHUBならビデオ通話用のURLさえあればすぐに利用できます。

    ※スマートフォン、タブレットで専用アプリを使うバージョンと、アプリなしでスマホブラウザを使うバージョンの2通りから選択可能です。ご相談ください。

  • ワンクリックで簡単に接続

    ビデオ通話URLを作成して相手に共有すれば、あとは互いにそのURLをクリックするだけで簡単につながります。インターネットに詳しくない人でも簡単に使えるようにするためには、とにかくシンプルであることが重要です。複雑な操作や設定をユーザーに強いてはいけません。FACEHUBは「WebRTC」「独自技術」により、ワンクリックでリアルタイムコミュニケーションできる世界を目指しています。

  • 初めてでもすぐに使える

    使いやすいUI、心地よいUX。FACEHUBは快適なリアルタイムコミュニケーションを実現するために、「シンプル」「直感的」「スマホファースト」に徹底的にこだわってデザインしています。従来サービスは機能やボタンが多すぎ操作が複雑になりがちです。私たちは、機能やボタンが少ないこととできることを減らすことこそがリアルタイムコミュニケーションの体験を変えると考えています。

3ステップで簡単につながる

ビデオ通話URLを作成して相手に共有。あとはお互いにビデオURLをクリックするだけで簡単に繋がります。URLをWebサイト内のボタンやテキストに実装して起動させる方式も提供しています。

  • ビデオURLを作成

    専用の管理画面から、ビデオ通話用のURLを自由に作成できます。

  • ビデオURLを共有

    作成したビデオ通話用のURLをメールやSMSなどで共有します。

  • ビデオURLをクリック

    お互いにビデオURLをクリックするだけで誰でも簡単につながります。

対応デバイス

FACEHUBは、マルチデバイス(パソコン、スマートフォン、タブレット)で利用できます。ウェアラブルデバイスのスマートグラスにも対応しています。

  • Webブラウザ

    OSはWindows、MacOSともに最新バージョンに対応。ブラウザはChrome、Microsoft Edge、Firefox、Safari(MacOSのみ)の最新バージョンに対応。
    ※推奨ブラウザ以外でもご利用いただける場合がございますが、サポート・動作保証対象外とさせていただきます。

  • スマートフォン・タブレット

    アプリはiOS9.0以降、android4.4.2以降に対応。ブラウザはiOS13.0以降のSafari、android7以降のChromeに対応。

  • スマートグラス

    Vuzix、EPSON端末に対応。いずれもハンズフリーで利用可能。

通話機能

1対1はもちろん、1対Nの講義・セミナー形式、N:N全員参加の会議室形式の通話にも対応しています。
※1対NのNは「4名(拠点)」、N:N全員参加は最大で「5名(拠点)」でのご利用となります。

  • 1:1

  • 1:N

  • N:N

機能詳細

FACEHUBは基本機能をベースに、利用シーンに合わせて選べるオプション機能(有料)、管理機能を用意しています。オプション機能は企業ニーズにあわせて追加可能です。

  • 基本機能

    • ビデオ通話
    • チャットボード
    • ファイル送信
    • ホワイトボード
    • スマホカメラIN-OUT切替
    • カメラ・マイクON-OFF切替
    • スクリーン切替え
  • オプション機能

    • 録画・録音
    • ログ保存/提供
    • 画面共有
    • 画面キャプチャ
    • 音声自動文字化
    • 動画ストリーミング再生
    • 着信自動振分
    • N対N接続
  • 管理機能

    • ダッシュボード
    • ビデオ通話URL作成
    • 通話/待機モニタリング
    • SMS送信

セキュリティ

安心・安全なコミュニケーションのために、様々なセキュリティ対策を実施しています。

  • 暗号化

    FACEHUBでは、やり取りされる通信内容について、サーバとの通信はSSLで、メディアデータの通信はSRTPですべて暗号化されており、第三者の不正アクセスなどによるメッセージの盗聴や情報の漏洩・改ざんはできないため、安心してご利用いただけます。

  • 通信方式

    FACEHUBでは、映像・音声をUDPを利用して通信しています。企業によってはセキュリティポリシー上UDPを利用できない場合がありますが、FACEHUBは、映像・音声のHTTPSでの通信にも対応しているため、企業のセキュリティ要件に柔軟に対応できます。

  • データセンター

    FACEHUBでは、Yahoo! JAPANグループのIDCFrontierのデータセンターを利用しています。高速大容量ネットワーク、強固なセキュリティで運用されており、国内3箇所にメガデータセンター拠点を構えているため、通信の信頼性や遅延の問題が少ないなどの利点があります。

WebRTCとは

WebRTC (Web Real-Time Communication)は、ビデオや音声、データをWebブラウザ間でリアルタイムにやり取り可能にするオープンな規格です。特長としてサーバーを介さないP2Pでユーザー同士を直接繋いで通信するため、ビデオや音声のレスポンス性が高く、データなどのファイル共有も容易です。他にもプラグインなしでチャットや画面の共有などの様々な機能が使えることや、OSやデバイスに縛られることなくPCやスマホなどの各種端末・機器で利用可能なのもWebRTCの強みです。今、映像・音声コミュニケーションといった分野だけでなく、IoTやロボティクスといった様々な領域へも広がりを見せており、WebRTCは世界中のWeb技術者から注目をあつめています。

FACEHUBの導入、
デモ利用に関するご相談はこちらから